青い秋の空がひろがる。それを映した群青の海も秋。
2023年の夏は暑かった。ずっと炎が点きっぱなしの夏だった。台風も特に少ない年で、一瞬でも冷める日がなく、暑さは休まなかった。
夏野菜の不作は(オクラは例外として)我が畑だけでなく全国的な現象だった。夏の酷暑の余波で開花が遅れていた金木犀がやっと香り始めた。最高気温24度、最低気温14度になってやっと秋が感じられるようになった。
夏野菜が終わり、次の季節の為の土つくりを終えた畑に冬野菜の高菜、かつお菜、セニョールスティック、キャベツ、セロリの苗を植える。ほうれん草、小松菜、大葉春菊の種を蒔く。ニンニクの植え付けも終え、あとは玉ねぎの苗を11月初旬に植え付ける。
海に近いので昼間の日差しで温まった海水の靄が、13度近くに温度が下がる明け方には作物には嬉しい露になりやすい。昨夜半、何か音がすると思ったのは夜の通り雨のようだった。わずかでも金木犀の花の芯を湿らせた雨が香りを薄めてしまうのでは…とうつらうつら寝入りながら思っていた。案の定、朝になるとあのわずかな雨でも香りは少し流されてしまって昨日より庭に漂う香りは薄くなっていた。予報では向こう一週間晴天が続く。まだ満開を迎えていない金木犀なので残りの蕾が開花し、香りを保ってくれるだろう。楽しみな数日を送れる。
以前、土地の古老の農夫が話してくれた。
「足音で育つちゅうて言います。」
植えた作物は何をする訳ではないが毎日見廻りをするその足音を聴いて育つ----という言葉は未だに強烈な印象で残っている。
海や川、山や空に息づいている自然の呼吸に合わせて食べ、息をし、眠り、物事を考える時間の流れ---それが近年さらにさらにせせこましくなった。L.コールというザルツブルグ生まれの社会学者が
「もし断崖の絶壁に立ったならば進歩の唯一の分別ある形は後ろに進むことだ。」
「進歩、成長、開発、発展の果てに我々が手にしたものと言えば各種『危機』ばかりだ。」
と言う主張の論文を発表して「気を狂わせるような愚作」とロンドンのエコノミスト誌から嘲笑されたのは1960年、それから60年間、その後も人類は前へ前へ、先へ先へ発展し続け2023年を迎えている。
今、真っ最中、駅周辺の新たな再開発で超高層ビル群がそのうち品川に出現するだろう。それぞれの街の特徴が完全に失われ、渋谷か新宿か虎ノ門か品川か識別がつかなくなったモンスターのような東京の都市群。2023年の世界の最先端を担っている人がその場所で激しく、毎日途絶えることなく深夜まで営みを続け切っている。
もうすぐハゼの葉が秋の晴天の空を燃やすように赤く染まる。
我が家の白壁に反映したハゼのその紅葉の色は一帳の絵のような趣を家に与える。過疎地の有難みを感じながら群青の秋の空の下に鎮座する米山(家の裏手にそびえる500m位の山)に手を合わせる。

職業がら楽器の品定めの参考にと、良し悪しの評価の感想を求められることがよくある。出来立ての新しい物から、何百年も前に作られたオールド楽器まで様々だ。
楽器はまず弾いて音を聴いてみるのが常道だろう。が、私は楽器の表板、裏板を指の先の肉の部分で叩いてみる。医師の触診と同じ。叩いた感触で良し悪しが判断できる。触診なので音は出さないから音楽専門家でなくても判断可能である。ストラディバリウスのような銘器は叩いた指の肉への撥ね返りが鋼鉄のような張りを持っている。逆に出来たばかりの楽器でも作りが悪ければ張りの無い老人の肌のようである。
五感を良い塩梅に使いこなさないと人間生活にひずみが生じることになる。
オランダの画家エッシャーの「目で見ているものが実際とは違って見えてしまう」錯視がらみの絵からはいろいろな事を学ばされる。産業革命以後の科学の力を最大限に駆使した文明の進化は使い勝手の良い視覚をフルに使い、次々と新しい世界を見つけ出し日常生活に取り入れ快適な生活を求め、それをむさぼるように享受してきた。先進国はITの時代に突入してそろそろ行き止まりだと思われた文明の進化を駄目押しの如く急な速度で後押しし、地球上のあらゆる人類にその恩恵を与えてきている。スマホである。
画面から流れ映される驚異的な量の情報により人間は様々な世界を瞬時に知ることが出来ている。その時人間が使う感覚は視覚が主で味覚、触覚、臭覚は使わず聴覚がわずかに視覚を補う程度の働きで作用する事もある。世界に在るあらゆる事は視覚から得る情報で全てを認識経験できる事をスマホは教えてくれる。視覚の独壇場である。触覚は特に片隅に追いやられてしまって久しい。手探りという言葉通り、手で触れた情報から認識を構築していく作業は効率の悪い無駄とみなされ人間生活の表舞台から降ろされ始めてもうずいぶんの年月が経ってきているが、その流れはスマホの出現で一挙に加速してきてしまった。奇妙な社会現象がぽつりぽつりと起こり始めている。個々の人間の中に五感が作用し合う機能が不全になり始めている。
触れるという言葉は多様に使いこなされてきた。リンゴに触れると言う物体に接触する以外に、素晴らしい人に触れて…音楽に触れて…そんな言葉に触れて…折に触れ…など触覚の触れという言葉を日本では豊かに使いこなしてきた。
触覚文化を取り戻したいと願う。
燃え上がる暖炉の炎のゆらめきを眺めながら大寒の日々を過ごしている。
春が待たれる。

秋が来た。

暑かった夏は終わった。異常気象と騒がれた今年の夏の暑さは単に天体のみのなせる術ではなく、ウクライナ、コロナ7波、国葬、統一教会など、人の世の煩わしさが次々押し寄せて、妙な世の軋轢をも作用して気持ちの悪い暑さだった。その余韻がまだ浸みわたって来ているが、虫の音は日に日に高まり澄み切った汚れのない響きは夜半を埋め尽くしている。

高校時代スタンダールの「赤と黒」を徹夜で読んだことがある。そのすぐ後にフランス映画の「赤と黒」を観た。

「あれっ!全然違う。」と思った。映画の印象は表面を流れ行くように薄い。本から得たものは、紙には文字しかなく挿絵もないので色彩もなく白っぽい紙の色と活字の黒い色のみ。だが、深い池の底で鐘がゆったりと鳴る重い印象が体に棲みついた気がした。スタンダールがこの小説を通して他人に主張したかった事が映画と本の活字というコミュニケーションの仕方の違いで別の物になるという不思議な体験をした。

最古の人類が出現したのは500万年前。という定説が今では主流になりつつある。現代人と同じ人類になり切ったのは5万年前。既にその時代になると宗教的行為も行われ精神文化の存在が確認されている。未知の物への探求は想像力を頼りに切れ目なく行われ、人類の生活はぐんぐん進化し、その後きらびやかな文明を次々と形成してきた。産業革命以後は文明の進化は加速し続け、わずか300年の間に人類は他の生物を圧倒的に凌駕する成果を残しながら発展してまた人間の持つ想像力と英知の両輪は5万年前の人間のとは比べようもない位進化発展し生活環境を変えてきた。そしてIT革命という新たに人類が獲得した変化はわずか3040年でその前の時代の200300年に匹敵すると言っても過言ではない急激な変化をもたらしている。スマホを通しての世界の体験の在り方はあらゆる地域、民族、国を超えてオールマイティとも言える力を均一に発揮している。

私もスマホの力を利用しあてにしている。

スタンダールの「赤と黒」の感じ方が本と映画では歴然と違うショックを思い出す。本は一文字一文字から来る情報を読者個々の人それぞれの想像力をうんうんうなりながら駆使して未知の世界を体験しその世界を体で取り込んで感極まっている人間を創り出す。スマホの世界は想像力を必要としているのだろうか?という不思議な疑問が湧いてくる。想像力を弱体化させられた人間はどんな日々を送ればいいのだろうか?想像力の弱まった人間は、人間の肉体に何かしら嫌な違和感を与えてはいないだろうか?

「すべての書を読みぬ

 されど肉体は悲し」ジャン・コクトー

この言葉が身に染みる昨今である。

宏樹庵の裏にそびえる米山(標高600m)は1万年前からその姿を変えずに鎮座している。そして今後も変わることはないだろう。

↑このページのトップヘ