明日は節分。我が家の畑は、白菜、キャベツ、大根、高菜、セニョールスティック、ほうれん草、ルッコラ、フェルトザラートが食べ頃。

採れたての野菜の味は美味いと言われるけれど、その実感を日々味わえるのは有り難い。採ってすぐの野菜はどの野菜にも共通の甘みがある。オクラにすらあり、ブロッコリーにもある。それらはオクラの甘みではなく、どの野菜にも共通の独立した甘みである。野菜の命の源とでもいうか、唯一無比の甘みである。味はそこから発生して個別の味を創り上げ、キュウリの味、トマトの味、ピーマンの味として現れてくる。

役者さんは味わいのある演技という言葉を使う。味のある演奏ともいう。味わい深い色の使い方、味なことをするじゃない!! と言ったりする。食べて分かる味以外に人間は味を感じるようだ。

味のある人物だとも言う。未開地の人喰い族は別かも知れないが、一般にはその人間を喰べた感想ではない。雲の無限さに、赤陽の沈む色合いの変化に味わいを感じる時もある。味覚をはるかに超えた味わいというものの実体は何であろう。時空を超えた時間と大気と色と音と、それぞれの感覚が刺激し合って生まれる実体の無い、しかし、手ごたえのある何らかの存在を感じさせてくれるものが味わいと言われるのかも知れない。生き物の中で人間だけに備わった特別の感覚かもしれない。雲の無限の変化に味わいを感じるイノシシはいるはずはない。

最近ひょんなきっかけから料理に目覚めて嬉しく作っている。少しずつ美味しく作れるようになってきている。

梅の花が一つ、一つと咲き始めた。「冬眠る」のこの時期の季節の色彩の環境の中で、白い色はそんなに鮮やかに目立つわけではない。しかしこの極寒の季節の中で一枚一枚花びらを開示した末の花は力強い意志を感じさせてくれる。春が到来する予知の役目をきちんと果たしている。この自然の営みの中にも味わいを感じる。味のある言葉、味のある人間、味のある社会が少しずつ少なくなっていく淋しさを感じる。味のある政治家はほとんど消滅してしまった。

凛として咲く一つだけの梅の花の力に人間は負けてはならない。満開の梅になった後、春がやって来る。

秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞ驚かれぬる

夏休み帰省した小学生の孫達が、夕食後は毎日百人一首で遊んでいる。千年以上も前の貴族の嗜みの文学をおもちゃにして遊ぶ子供達。彼等はオンラインと言う言葉も知っている。
今日は立秋
今年の立秋は愛知県の多治見で40.6度の猛暑を記録した。7月にはドイツ北西部で豪雨による川の氾濫、家屋の水没という惨事があり、しばらく国際的な話題となって映像が流れ続けた。
ドイツは勤勉、秩序、規律遵守、綺麗好き、完全主義。そんな形容詞がピッタリで、そんな国の特徴が日本との共通点として挙げられる。が、自然との関わりが国の成立の歴史に深く関係しているという事においてはヨーロッパのどの国よりも日本に似ている。
712年に編まれた古事記の中には三百近い「神」が記されている。日本人はその昔から山も川も滝も火も海も、自然界の目につくもの全て簡単に「神」にして深く信仰してきた。
ドイツはゲルマン神話を精神の拠り所にしてきた。深い森の中に人智を越えた何かが潜み存在し、そのものに対する慄きと畏敬を持ち続けてきたドイツ人。森や山岳を心の深い所の拠り所にして、歴史を重ねてきたドイツの社会では、ゲルマン神話の精神が現代でも息づいている。自動車、電気、電子、機械に次ぐものとして林業が未だに主要産業になっている。また、有機の食品、薬品、化粧品が広く社会に浸透している。国のエコロジー政策は国際的に群を抜いている。「自然」は恐るべき力の宿った得体の知れない存在で、それをドイツ人は身近に感じ厳しくとも相対して、むしろ自然を飼い慣らし利用すべきだと考え歩んできている。
人間の現実生活、精神生活に自然が息づいている日本とドイツ。
見事に人間社会に自然を取り込んで飼い慣らし利用しているドイツに比べて日本には少し物足りなさを感じる。
隙間風のように自然が人間社会を何の了解もなしに通り抜けていってしまう頼り無さ。
「風の音にぞ驚かれぬる」
風の音に動かされる自分の気持ちの中に自然を感じ、それ以上でもそれ以下でもない自然は流れて行ってしまう。
オンラインの現代社会では隙間風が通り抜けない。
何でも神にしてしまう日本人。コンピューターがどんな驚異的な力を持ち始めても「神」にはしないだろう。

台風9号は風は強くなく、夜来物凄い音を立てて雨を降らせた。日照り続きの中、恵の雨であった。雨の「神」を信じる。

秋はまず光からやってくる。
日の短さを感じるだけでなく、射す光の様子が秋になってきている。そして空気。目には見えない大気の在り方が微妙に秋になってくる。
そして光と大気に包まれた海が秋になってくる。波のちょっとした仕草が秋になっている。
山の秋は一番最後にやってくる。
携帯を壊して持たずに上京。6年前までそうであった様に公衆電話生活を1週間都会で送った。宿は使っていない弟子のアパート。そこは由あってテレビもラジオも無い。陽が落ちて秋の夜の大気に包まれてくるそのアパートの一室で一人食事をする。外界との交信は最寄り駅の公衆電話のみ。歩いて行くのもおっくうだ。55年前高校1年生からの東京での下宿生活がよみがえってくる。西武池袋線東長崎駅近くの閑静な洋館住宅の離れでの自炊生活。当時テレビはぜいたく品、当然無くラジオも無い。電化製品といえば机上の蛍光灯と炊飯器のみの一人生活。夜になれば自分以外の世界とのコミュニケーションは本のみ。スタンダール「赤と黒」ジッド「狭き門」高橋和己の著作など秋の夜のふけた中、本を通じての世界は重く、厚い大きい存在を感じさせる外界であった。その外界の圧倒的な大きな力に比べて自分の小ささを衝撃的に感じ、とてつもない孤独感を感じたものだった。
そんな大昔の下宿生活の秋の夜がよみがえって、何とも気持ちのいい一人の夜を1週間送った。
55年経った現代、人々はスマホを通して地球的なレベルで一瞬一瞬途切れなく交信でき、気の遠くなるような量の外界の情報に包まれた毎日が普通になっている。外界からのコミュニケーションの渦は人間を休ませてくれない。孤独になれなくなっている。孤独を奪われてしまっている。孤独をoffにされた人間はどう息をしてくのだろう。
秋の最後にやって来るのは山。
広葉樹の紅葉で秋真っ只中になる。新緑の若葉から、老いて少しずつ色づき、鮮やかな紅葉になっていく葉の一生。紅葉した一枚の葉は羨みたくなるような充実した孤独を生き抜いたなと感じさせてくれる。そんな一葉一葉が無数に寄り集まり山ひとつの紅葉を作り出している。見事だ。
人間社会もかくありたい。

↑このページのトップヘ