東京の4年振りの大雪の日は上京していた。
巨大な黒い街を一夜にして真っ白に変え、静かに、途絶えることなく静かに一晩中降り続いた。たっぷり積もって朝を迎えた。一転して快晴。寒い快晴。雪が浄化した空気を突き抜けて強烈な光が積もった雪の上に降り注ぎ、都(みやこ)中が光に満ち溢れている。大都会が美しく輝いている。
雪は一夜にして大都会の醜さを消してしまった。徹して静かに降り積もる雪の夜にも人の様々な営みがあったであろう。見上げて空まで届きそうな樫の大木にも雪はずっしり積もっていたが、大木はこの位の雪ではびくともしない。雪化粧が似合っている。びくともしないだけの大きい根が巨大に地下に張り巡らされているのだろう。根の大きさと頼りがいを感じる。
はるか秩父の雪化粧をした山々も朝陽に輝いている。
山は更に大きな山の根が地中深くしっかりあるのであろう。びくともしない落ち着きと安心感を与えてくれる。山の根っこは地球の奥深く、赤道あたりまで張っているのかもしれない。そう思えば、この山の安心感は納得できる。
何につけ根は大事だ。根がしっかりした物はよく育つ。
風。風にも根があるのだろうか。大木よりも、山よりも風は大きく感じられる事がしばしばある。
風は姿は決して見せずに、木の葉の揺れ、海の波、竹の葉の揺れる音、地球のありとあらゆる物に通じて姿を感じさせてくれるが、見えない。これだけ大きくて偉大なものだから、根はどこかにしっかり生えているのだろうが、考えてもどこか解らない。風の根はどこだろう。
雪の朝陽は遮る物なく、更に強烈にその光と力を増して地球に射し注いでいる。
光が目に眩しくしみる雪の朝。万両の赤い実一つ、雪の合間から見え隠れしている。このどこかにも風の根がありそうな気配を感じた。
その根に響き届くヴァイオリンの一音を出したい。
ドサーッと松の枝から雪が溶けて落ちた。

 

10月18日、東京で朝を迎えた。その朝は待ち望んだ輝かしい陽射しを地球いっぱいに降り注ぐ様に明けた。窓は真っ青な朝の秋空から直線的に射す陽で祭りの様な華やぎ。が、それも朝、早い午後のみで又、すぐ雨になると言う、しかも遅めの台風が発生し、またずっと前線を刺激して雨は降り続くという、そんな天気予報を聞くから余計に朝陽のわずかな命の輝きに高揚する気分を抑えきれない。秋雨前線が長く居座り、雨がしとしと降り続いたり、まともに降り続いたり、風と共に降り暴れたり、生まれてこの方地球は雨しか知らないのではないかと思うような今年の秋。

秋、冬野菜の種の植え付けをするのが丁度この時期。植え付けの2週間位前にたっぷりの堆肥と、土の酸化を防ぐため苦土石灰を畑に撒いて土作りをするが、雨だと作業が出来ないばかりでなく、雨で湿りきった土がある程度、耕運機になじむ位、土の乾きが必要で、ただただ晴れてくれるのを待つばかり。太陽を待つばかり。植える時期が天候のせいで遅れると、うんと先の収穫に影響する。祈る様に陽射しを希む日が続く。

瀬戸の海から海面を這う様に、しかも真っ赤に昇る太陽は美しい。また、重なる中国山地の山々に一刻一刻と色を変えながら沈む夕陽も胸を打つ。ヨーロッパ演奏旅行中、夕暮れのパリ郊外のバスからセーヌ川に沈む太陽にも感動した。フランスの太陽は美しいと思ったが、日本で見るあの同じ太陽なんだと妙な気分になった。砂漠で迷ったら灼熱の太陽は地獄の苦しみを人間に与えるのだろう。

太陽は地球上のすべての明かりと熱と生物の生存を司る無限の力を人間から見たら持っている様に見える。が、太陽を司る更に大きな力のもとで自分の役を過不足なくやっているだけなのだろう。一つしかない太陽無しで人間は生きられない。

グローバル化!グローバル化!と必死に叫ぶ人間の声。太陽の耳にはどう響いているのだろう。

 

倉庫の屋根に覆いかぶさる様に棲息しているどんぐりの木の実の落下の音はけたたましい。

また一つ落ちた!!


今まで出くわしたことの無い濃い霧がこの2~3日続き、岩国空港発着の飛行機全便が欠航になった。我が家に通ずる竹林にも霧が流れ、家から見上げる米山(標高六百メートル位)もすっぽり覆われ、霧の他何も無くなった。いつも視界に入ってはいても気に留める事のない米山が全く見えなくなると不安になる事に気が付いた。

冬、眠っていた山が春になり、息づき始め、白く斑点の如く点在するのは山桜。染井吉野が咲く頃には山は笑う。我が家、我が集落を守るようにそびえる米山。その山の向こうには何があるのだろうと空想を誘うのも山。子供の頃過ごした宇部は200~300メートルの低い山しかないが、山のこっちと山の向こうは全く別の世界が存在する強い実感を子供心に持っていたことを思い出す。

大人になってもその実感は胸の底にうごめいている。

自分の知らない事、見たこともない事、不思議な事が、見えない山の向こうに確かにありそうな衝動を山の稜線は与えてくれる。太古の昔から変わらず人の営みを黙って見てきた山の大きさにすがりたい気持ちにもなる。何をぶっつけても山は何も答えてくれない大きさにむしろ安らぎさえ感じる。その山の向こうにはさらに大きなものが有りそうな空想を山は黙って誘ってくれる。

想像を絶する量の正確とみなされた答えを、瞬時に与えくれ続けるコンピューターの画面は笑いもしない。したたりもしない。装いもしない。眠りもしない。

もう答えは要らないのではないか?

答えがないと落ち着いていられない世の中にだんだんなってきているのだろうか。

庭の池のほとりの無数に付いた白い八重の椿の大きな花は落ちる時、どさっと音を立てる。山よりもさらに大きな力がその音を受け止めている気がする。

陽が射し、午後になり、霧が少し晴れてきた。米山が少し見えてきた。

安心して熱いコーヒーを濡縁で飲む。

↑このページのトップヘ