カテゴリ: 啓一郎の徒然草

石蕗の花が鮮やかに咲いた。
晩秋。
ノーベル賞を今年二人の日本人が貰った。難解な学問由、全てはとても解らないが、テレビ、新聞で一般大衆にその業績が解り易く説明されるので、解ったような気持ちにさせられる。
凄いと思う。
まだ発見されていない真理を見つけ出す喜びは科学者のみならず誰しもが持っている人間の一つの特性ではあろう。とは言ってもそういった真理を見つけ出したいという強烈な欲求を持ち続けられる人のみが新たな真理の発見という世界に踏み込める。そうして見つけ出された真理は誰がやっても同じ結果を何度でも再現が可能という法則である事が真理なる所以である。やる人によって結果がまちまちで10人やれば10通りの結果が出るのでは困る。

じっと手を眺める。
ヴァイオリンを弾いていてこの楽章はこう弾きたいと思う事が決まれば、そうするには、といろんな事を考え、それを基に何十回も繰り返し繰り返し練習をし、何とかその思い通りの演奏を何回でも再現できるような努力を一心不乱にし続ける。(ノーベル賞を貰う学者にも負けず劣らず何十年も一つの事に向かい続ける)
そんな思いで演奏に臨むが、毎回微妙に、しかし確実に演奏は異なる。
10回弾けば10回の別の演奏になってしまう。ましては違う人間が弾けば、その人間の数だけ全く違う演奏結果が生まれる。これは自明の理である。むしろ他人には再現できない世界をひたすら求めているのだろうか。
誰が何度でも同じ結果を出す事のできる物理学の真理の対極に位置しているのだろうか。
だが、受賞の知らせがありその業績が報じられると無条件に嬉しい気持ちがふつふつと湧いてくる。

最近私は、曖昧なものへと価値観がだんだん傾斜しかかっているようである。
明らかではない物への魅力。漠然とした不確かな物への興味。
庭の奥の竹林を通り抜ける風の音の一つとして同じ音がない事をえらく感心して、濡縁でいつまでも聴き惚れている。
竹林にまた風が通り抜け、高い所が少し揺れた。夕暮れも深まり、空の色は刻々と生き物のように変わりつつある。
こういった現象は物理学の法則がもたらすものであろうが、見ていると、夕焼けの色の変わりようの耐え難い程の美しさに何の法則もなくて、ただそこに拡がりゆく空と雲があるだけのような曖昧な気持ちが、これから訪れるであろう夜の闇の拡がりのように静かに湧いてくる。

石蕗の花の輝きは夕闇の庭の奥へと消えた。



二年ぶりに雙津峡の蛍を観に行った。
岩国錦帯橋のかかる錦川の上流、宇佐川と呼ばれる支流に拡がる錦町。現在は岩国市になっているが県有数のワサビの産地として知られてい る。林業を何百年も営んできたこの地域は山また山で、森林が重なり合い、水も澄み、この上ない上質の空気と水に恵まれている。オオサンショウウオの生息地 としても話題になっている。
小さな懐中電灯の明かりさえも邪魔になる蛍の光を支えるのは闇の力。日本全国市街化してほとんど失われてしまった闇がこの地域にはまだ 残されている。真の闇は一つの黒い色ではなく、数多くの黒から成り立っていて、それを黒色と一言で言っていいのか戸惑う。闇はいろんな色が溶け込んでいて 成り立っている闇色とでも言うべきか。
案内の車の光をすべて消すと漆黒の闇。蛍の光の点滅はその闇に支えられ、また闇も蛍に支えられ、温かで、豊かな世界をそこいらに創り出 している。その闇に身を置いて蛍と一緒に息をしていると、人間の角が少しずつ溶かされ平和な顔になっていく。闇と蛍の光に慣れきってくると一瞬足元を照ら す小さな懐中電灯も人工の暴力的な光と感じてしまう。
蛍の光の点滅しか存在しないその闇夜の中で、久し振りに昔から重く沈んでいた何か大きな存在の顔を見たような気がした。
大都会では一晩中、照明が街中を空までも照らし、商業用の音が絶え間なく流れ続けている。インターネットを点ければ世界中の明らかな情報が詳細に発信し続けられている。グローバルという言葉の下であらゆる物が明らかに、鮮明に、しかも平等に扱われている。
余りにも明るく解りすぎて、かえっていろんなことが少しずつ解らなくなってきているのではないか?
そんな方向に人間は何故か更に更に進もうとしている。
闇では見えていたものが、見えなくなっていく。
たまには電気を消してみよう。

2015.6.21. 石井啓一郎

↑このページのトップヘ